おすすめの脱毛サロンが見つかる!全身脱毛ズボラ白書 » 【コラム】全身脱毛初心者のズボラ女子が知りたい事 » 生理中にVIO脱毛をすることはできるの?
  • 大公開!大手脱毛サロンの価格の真相

生理中にVIO脱毛をすることはできるの?

更新日:

うっかり生理になっちゃった!VIO脱毛予約してるんだけど……。

昨今ではデリケートゾーンの清潔感アップやニオイの改善のため、男女を問わず受ける人が増えているVIO脱毛。しかし、下半身は色々なトラブルが起こりやすい場所なので、心配する方も多いでしょう。

特に女性の場合、気になるのが「生理になったらどうしよう?」ということ。生理中はそもそも身体がぐったりしがちではありますが、例えば生理痛が軽い方なら、果たして脱毛は可能なのでしょうか?

生理中のVIO脱毛はNG!生理前後もできれば避けた方が無難

結論から言えば、生理中のVIO脱毛は受け付けられていません。どのサロンやクリニックであっても基本的には対応不可となっていることが多いですが、なぜか?というと「経血が流れるから」。

まず、生理中は経血が流れますよね。いくら消毒を徹底しても、経血が機器や器具などに付着してしまうとそこから感染症が広がる恐れがありますから、衛生面でのトラブルを避けるために生理中の施術は基本的にNGなのです。

ちなみに、タンポンを使用している場合であっても状況は変わりません。一見経血は流れ出しにくいですが、いつ外れたり漏れたりするか分かりませんし、絶対に血が付かないとも言い切れないからです。

また、VIO以外の部位であっても、基本的に生理中や生理前後の施術は奨励されていないことが多いよう。理由については以下をご覧ください。

理由① 肌がいつもより敏感になっており、荒れやすい

生理中は肌がいつもよりも敏感になっているので、術後の肌トラブルが起こりやすいと言われています。吹き出物や炎症などを防ぐために、生理が来るかも?という日には予約を入れないのがおすすめです。

理由② 痛みやストレスも感じやすくなる

肌が敏感になるということは、痛みも感じやすくなるということ。生理中は精神的にもデリケートでイライラしやすくなる人が多いですよね。そのため、脱毛によるストレスも普段より倍増する危険があります。

理由③ 生理前後はおりものが増え、恥ずかしさもアップ

生理前後はVIO脱毛も受け付けてもらえますが、この期間はいつもよりおりものの量が増えるので、局部が濡れてしまう恐れが。あらかじめジェルを使用するサロンであればほぼ気付かれませんが、気になる方はご注意ください。

理由④ 効果を実感しにくい、という話も

生理中や生理前後は上記の通り身体がいつも以上に繊細になるため、スタッフさんも気を遣いがち。中には「普段より照射を控えめにしておきますね」とフラッシュやレーザーを弱めにしてくれることもあるので、せっかく行っても効果を実感しにくいという声も。

気付かなかった……万が一「当日なってしまった」らどうすればいい?

とはいえ、生理周期は人それぞれ。いつ来るか不安定すぎて分からない、という女性もいますから、当日いきなり……なんて恐れもありますよね。その場合は、以下をご参照ください。

  • まずはいつまでキャンセル可能かを確認
    サロンやクリニックによっては「キャンセルは予約の〇日前」と決まっています。それ以降はキャンセル料が発生したり、行かなくても全額払わなければならなかったり、ということですね。数日前まで、と決まっているところもあるようなので、あまり楽観視せず、出来れば契約時に確認しておくのがおすすめです。

  • 結果はどうあれ、サロンに正直に相談
    予約ギリギリまで行けるかどうか迷ってしまう、というのが一番良くないので、まずはサロンに正直に相談しましょう。基本的には仕事や急用などで当日行けなくなってしまった、というお客様と同様に対応してもらえるはずです。

  • 場合によってはキャンセル料が発生することも
    しかし、当日気付いた、という場合結果的にキャンセル料が発生する確率は高いと言えます。また、意外と多いのが「コースを1回分消費したことにする」というパターン。通い放題や月額制ならそういった心配はないものの、損をすることもあるため注意しましょう

このように、当日キャンセルは通い放題や月額制でない限り、お金や回数が1回分無駄になってしまう恐れがあります。更に、考えられる中で特に問題視されるのは、施術中に始まってしまうこと。

そうなると途中で施術をストップされる恐れも出てきますし、何より迷惑になりますから、なるべく生理周期を把握しておき、脱毛に備えましょう。

どうしてもという場合は、生理中でも脱毛可能な部位はある

前述した通り、生理中の脱毛は仮にVIO以外であってもあまりおすすめできるものではありません。しかし、中には「人気店だから、これを逃したら次はいつ予約できるか分からない」「仕事が忙しくてもう今日しか時間がない」など、事情がある方もいるでしょう。

では、一般的に生理中でも施術を受け入れてもらいやすい部位はどこなのでしょうか?代表的な脱毛箇所をご紹介しましょう。


  1. 全身脱毛の部位の中でも最も人気がある脇。ノースリーブや水着などを着た時に気になりやすい場所ですし、周りから見える機会が多い割に意外と自己処理がしにくいのが難点ですよね。こちらは下半身から遠いため、生理中でも施術可能なことが多いようです。ただし、元々敏感な場所ですから、痛みやくすぐったさをいつもより感じるかも。


  2. 続いて、こちらも人気の腕。自己処理をしにくい場所ではありませんが、肌が柔らかくカミソリ負けしやすい部分です。こちらも元々服を着たままでも施術しやすい箇所ですし、VIOから遠いため生理中でもOKのサロンやクリニックが多いよう。痛みやくすぐったさも感じにくい部位で、どうしてもという時はおすすめのパーツかもしれません。


  3. 夏場は素足を出したいけれど、ムダ毛が気になる!という方も多いはず。こちらも生理中の施術が可能な部位として知られていますから、脚だけでもやりたい、という場合は相談してみてください。ただし、意外と毛が太く濃いパーツなので、痛みはやや感じやすいかもしれません。

  4. 背中
    自分からは見えにくい場所ではあるものの、後ろの開いた服や水着などを身に付けた際に意外と濃い毛が浮かんでいることが多い背中。こちらも特に上部であれば生理中の施術が可能かもしれませんので、一度ご相談ください。ただし、背中の施術でも全身脱がなければならないサロンでは難しい恐れがあります。


  5. 女性はヒゲが生えにくいと言われていますが、人によってはアゴに濃い毛が生えたり、産毛が化粧ノリの妨げになったりしますよね。顔脱毛に関しては基本的にボディに関係ありませんから、生理中でも施術を受け入れてもらえる可能性が高いようです。ただし、鼻下は敏感ゆえに元々痛みが強いとされているため、痛がりな方はご注意を!

極力無理はせず、生理中は身体を休めよう

いかがでしょうか?生理中でも問題なく施術できる箇所もあるものの、基本的に生理中の脱毛はNG、ということが分かりました。特にVIOは脱毛を受け入れてもらえない確率が高いため、必ず気付いた時点でサロンに連絡しましょう。

生理中は脱毛しなくても腹痛や頭痛、腰痛などが起きやすかったり、倦怠感を覚えやすかったり、お腹周りがひとまわり大きくなったりと、女性の身体に不調をきたしがち。出来ればその日はゆっくり身体を休め、入念なホームケアを行う日にしてみてくださいね。

Category

ムダ毛の自己処理は人生のロスタイム!?
実は…全身脱毛した方が楽

ムダ毛処理の頻度は個人差がありますが、平均すると1回10分程度・2~3日に1回という人が多いです。すると、1年で約20時間、仮に高校生から60歳までとすれば生涯900時間も毛を剃ることに!値段もバカにならず、カミソリだとしても1年に2~3回買い換えたら一生で約20万は使うことに…。

むむ…思い切って、全身脱毛した方が楽に生きられる気がするぞ!

マイペースに通い放題プラン!楽さで比較する
全身脱毛おすすめサロン3店

全身脱毛サロンをエリア別で探す