おすすめの脱毛サロンが見つかる!全身脱毛ズボラ白書 » 【コラム】全身脱毛初心者のズボラ女子が知りたい事 » 初めてのVIO脱毛で3つの知っておきたいこと
  • 大公開!大手脱毛サロンの価格の真相

初めてのVIO脱毛で3つの知っておきたいこと

更新日:

自己処理はどこまですべき?初めてのVIO脱毛で3つの押さえておきたいこと

全身脱毛ズボラ白書キャラクター

男女を問わず清潔感アップのために受ける人が多いVIO脱毛。水着や下着などをより一層美しく身に付けるためにも、次の夏までに完了しておきたいという方もいるでしょう。しかし、初めての場合は何かと不安もつきもの。そもそもVIO脱毛とはどのような雰囲気で行われるものなのでしょうか?まずは一般的な流れから見てみましょう。

①最初はカウンセリングから!VIO脱毛の大まかな流れ

VIO脱毛も他の部位と流れはほぼ変わりませんが、サロンによっては着替えの際に専用ショーツを渡されることもあります。初回はカウンセリングのみでそのまま施術されることはほぼないので、気軽に相談してみてくださいね。

  1. カウンセリング
    初回予約をしたら、最初に行われるのがカウンセリング。コース内容や料金などの説明はもちろん、脱毛に関する不安や悩みなどを打ち明ければ親切に答えてもらえる場でもあります。サロンは無料のことが多いですが、クリニックはカウンセリング料や初診料がかかることも。

  2. 前日までに自己処理
    光脱毛や医療レーザー脱毛の場合、前日までに自己処理を行っておくのが決まりです。ただし、VIO(特にIラインやOライン)は自力で確認しにくい場所ですから、剃り残しを無料でシェービングしてくれたりサロンで脱毛してくれたりといったサービスが受けられることも。自宅での自己処理はカミソリではなくシェーバーがおすすめ。

  3. 事前に着替え、肌診断
    専用のガウンや紙ショーツなどに着替え、その日の肌状況を診断します。問題なさそうならそのまま施術です。

  4. 施術
    一般的には専用のショーツや上にかけられたタオルなどをずらしながら、少しずつ施術されます。VIOだからといって突然大股開きになる必要はありませんから、初めての方も安心です。

  5. アフターケア
    冷やすことで肌をクールダウンしたり、専用のジェルやクリームなどで保湿したりとケアされます。サロンによっては保湿用アイテムをホームケア用に数日分もらえることもあるようです。

  6. 再び着替えをし、パウダールームで化粧直し
    更衣室で来た時の服装に再び着替え、必要なら化粧直しをして出ます。サロンやクリニックによっては専用のパウダールームが用意されていたり、ドリンクのサービスがあったりすることも。

②着替えのTシャツも⁉ VIO脱毛で持参したいアイテム一覧

このように、何事もなければVIO脱毛はスムーズに済みます。では、当日持って行くべきアイテムには何があるのでしょうか?

会員証(診察券)

基本的にサロンでは会員証、クリニックでは診察券が必要になります。万が一忘れても名前が残っていれば施術は可能かもしれませんが、念のためしっかり確認して持って行きましょう。

着替え(汗をかいた時用)

VIO脱毛の場合、特に夏場はガウンを着こまなければならないので、汗をかくこともあります。また、人によっては痛すぎて冷や汗が出るという人も……。適当なTシャツを持って来れば良かった!と後悔する方も多いようなので、術後の体臭が気になる場合は着替えを持参するのがおすすめです。

ウェットティッシュ

こちらもエチケット用。汗をかいた時、もしくは施術前にVIOを念入りに拭いておきたい時などに重宝します。香り付きのデオドラントシートなら、夏場の体臭対策にもなりますよ。

手帳やメモなど(次の予約をして帰る場合)

終わったらその場で次の予約をして帰ると一番面倒がないので、仕事に使っているスケジュール帳やメモ帳などがあれば持って行くのも忘れずに。人気店の場合、また改めて電話を……なんて思っていると埋まってしまうこともあります。

③全剃りしなくてもいい!VIO脱毛前後の注意点

VIO脱毛には意外と心構えが必要ですが、その前後にも気を付けるべきことがあります。生活習慣からVIO脱毛のデザインまで、考えておきたいポイントをまとめました。

  • 本当に全部剃ってしまっていいか?を考える
    VIO脱毛=ハイジニーナ(全剃り)というわけではありません。ムレやニオイなどがとにかく気になる、見た目的にも毛は絶対いらない!と覚悟を決めている方なら構いませんが、いざ剃ってみたら意外とスース―して落ち着かない、なんて恐れも。

ですから、VIO脱毛の前にはどのようなデザインにしたいかを考えておくのがおすすめです。Vラインの内側(毛が最も濃く生えている部分)は程よく残す、Tバックが履ける程度に残すなど、自分なりに違和感のないスタイルを選んでくださいね。

  • 同性のスタッフが施術してくれるサロンやクリニックかを確認する
    VIO脱毛は部位的にも必ず同性スタッフさんが施術してくれるはず、と思っている方は多いと思いますが、実は女性専用、男性専用と銘打たれているところ以外はそうとは限りません。

サロンは男性専用でない限り女性スタッフ中心である場合が多いものの、特にクリニックは資格が必須のため、男性医師、女性医師しか在籍していないことも。そもそもそういったクリニックはVIO脱毛不可のこともあるので、気になる方は念のためVIOに対応しているか、同性のスタッフが担当してくれるかなどを確認しておくと安心です。

  • 生理中はもちろん、生理前後の施術にも注意
    VIO脱毛は基本的に生理中受けることができませんが、生理前、生理後もホルモンバランスの影響で肌が敏感になったり、おりものの量が増えたりといった変化が出ることがあります。

そのため、生理前後はいつもより痛みを感じやすい傾向が。特に生理直後はVIOが更にデリケートになっていますから、痛みに弱い方や肌荒れしやすい方などは避けた方が良いかもしれません。

  • 当日は入浴せず、飲酒や激しい運動なども避ける
    VIO脱毛当日は肌の血行がかなり良好になっているので、肌荒れや炎症などを引き起こさないためにも当日は入浴しない方が良いと言われています。もちろんシャワーはOKですから、デリケートゾーンも傷付けないよう優しく洗ってくださいね。

また、アルコールの摂取や激しい運動などもNG。サロン帰りは何となくやり遂げた気持ちになって、そのままジムをハシゴしたり飲みに行ったりしたくなるかもしれませんが、その日は身体をゆっくり休めましょう。

  • 施術後は化粧水やボディクリームなどで念入りに保湿する
    施術が終わったら、自宅でのケアも重要。しかし、顔や身体には化粧水やクリームを塗っても、VIOの保湿なんてやったことがない、という方も多いかもしれませんね。

脱毛後の肌は部位を問わずかなり負担がかかった状態のため、寝る前にしっかり潤いを取り戻さないとかぶれたり、痒くなったりする恐れもあります。そうなると本末転倒ですから、しっかりホームケアを行いましょう。

痛くて我慢できない時は、正直に話そう!

VIO脱毛の流れや持ち物、注意点などについては以上の通りですが、他に不安を抱きやすい点として「痛み」がありますよね。VIOは部位的にとりわけ痛みが出やすい場所ですから、人によっては我慢できずに諦めてしまう、なんてこともあるようです。

おすすめなのは、低温処理(ハイパースキン脱毛)や蓄熱式などで特に痛みに配慮している光脱毛を選ぶこと。それでも耐えきれない!という場合には、正直に話せば照射力を調整してもらえることもあるため、施術中でも無理せず相談しましょう。

Category

ムダ毛の自己処理は人生のロスタイム!?
実は…全身脱毛した方が楽

ムダ毛処理の頻度は個人差がありますが、平均すると1回10分程度・2~3日に1回という人が多いです。すると、1年で約20時間、仮に高校生から60歳までとすれば生涯900時間も毛を剃ることに!値段もバカにならず、カミソリだとしても1年に2~3回買い換えたら一生で約20万は使うことに…。

むむ…思い切って、全身脱毛した方が楽に生きられる気がするぞ!

マイペースに通い放題プラン!楽さで比較する
全身脱毛おすすめサロン3店

全身脱毛サロンをエリア別で探す