おすすめの脱毛サロンが見つかる!全身脱毛ズボラ白書 » 【コラム】全身脱毛初心者のズボラ女子が知りたい事 » 剃っても綺麗にならない…毛深い女性の悩みあるある
  • 大公開!大手脱毛サロンの価格の真相

剃っても綺麗にならない…毛深い女性の悩みあるある

更新日:

毛深い女子の悩みあるある

毛深い、という悩みは男性特有のものではありません。女性の中にも「人より体毛が濃いのでは?」という意識から、こまめに自己処理を頑張っている方が多いのです。女性の場合はツルツルに剃ってしまうので、目立ちにくいというのはあるかもしれませんね。

では、そもそも毛深い女性にありがちな悩みには、一体どのようなものがあるのでしょうか?今回は「だからってこれはやっちゃダメ!」なNG行動含め、詳しく見て行きましょう。

プライベートもイマイチ楽しめない…毛深い女性の悩みって?

まず、毛深い女性が抱きがちな悩みについてまとめてみました。余程薄毛の人以外は、結構思い当たるフシがあるのでは?

海やプール、温泉などの誘いは断りがち

夏や冬など、シーズンによってはお出かけ先として定番の海やプール、温泉。しかし、水着や裸になって人前に出ることになりますから、毛深い女性にとっては鬼門ともいえる場所です。

本当は他の子たちみたいに気軽に海や温泉に行きたいけれど、背中の毛や剃り残しなどを人に見られたくない、というコンプレックスがあり、誘われてもつい断ってしまう女性が多いのですね。もし水着になる前に持参したシェーバーでこっそり処理している友達を見かけても、からかったりしないよう気を付けましょう。

ノースリーブやミニスカート、薄手のストッキングには抵抗アリ

いくら自己処理に注意していても、剃り跡が黒ずんでしまいがちなのも毛深い女性あるある。ツルツルでない以上、ノースリーブやミニスカートなど、肌を露出させる服装には抵抗を感じますよね。

また、中には薄手のストッキングも気になって履けないという方も。肌色はもちろん、黒色ストッキングも毛が生えるのが早いとポツポツ伸びてくる恐れがあるとのことで、つい厚さがしっかりしたタイツを選んでしまうそうです。

突然のデートは超ピンチ!彼とのお泊まりで念入りにお手入れ

毛深い女性のピンチとしてありがちなのが「突然のデートの誘い」。忙しい彼から今夜時間ある?なんて言われたら駆け付けたいけれど、事前に毛の処理をしないと会う気になれないという方も多いのです。カミソリを置いているホテルもありますが、いつも使っているアイテムでないと肌荒れの心配もありますよね。

背中の毛を処理したいのに、自分では難しすぎて涙…。

自己処理において、最も難しいと言ってもよい「背中」。鏡で見ながら剃るといっても限界がありますし、手元が狂って怪我をしそうで怖いですよね。かといって一人暮らしだと協力してくれる家族もいない…というわけで、うなじの辺りを軽く剃るしかできなくて涙、なんてことも。

毛深いと引かれるんじゃ?という思い込みから、恋が楽しめない

男性の中には女性は元々毛深くないもの、と思っている人も多いため、ツルツルの美肌じゃなければドン引きされるんじゃ…?との不安から、なかなか恋が楽しめないという声も。

学生時代に男子からからかわれてトラウマ、なんて人も少なくないようで、デリケートな問題であるということが分かりますね。男性にも同じように毛は生えるものですから、努力を知った上でありのままの自分を受け入れてくれる人に出会いたいものです。

脱毛しようかな?と思い立っては、お金と時間の面で断念、を繰り返す

昨今ではサロンやクリニックなどでの全身脱毛も一般的になってきましたが、それなりの費用と時間がかかるため、気になっては断念…という女性も少なくないようです。

良心的な月額制を導入しているサロンや、1回あたりの施術時間が1時間前後というスピーディーな脱毛方法も増えていますから、コンプレックス解消のためにもぜひ一度検討してみてくださいね。

ここだけは処理しておきたい!男性がドン引きしやすい女性のムダ毛ポイント

このように、毛深い女性の悩みは主に「ファッションや恋を思うように楽しめない」ところにあるよう。では、そもそも多くの男性に引かれがちなムダ毛には一体どのようなものがあるのでしょうか?

  1. わき毛 脱毛箇所としても定番のわき毛。基本的にはシェーバーや除毛クリームなどで処理している女性が多いと思いますが、剃り残しや毛穴の黒ずみなどがあると萎えてしまう男性は多いようです。

  2. 顔の毛 女性にヒゲは生えない、と思っている男性は多いですが、実はストレスやホルモンバランスの乱れによって濃いアゴ髭が生えることもあると言われています。また、顔を近付けると口まわりの産毛にも気付いてしまいがちなので、違和感を覚えてしまう男性も多いとのこと。

  3. 背中やお尻の毛 自分では気付きにくいものですが、他人からは意外と見えている背中やお尻の毛。仕方がない部分もあるものの、あまりに剛毛だと引いてしまう、という声が。特にアンダーヘアはお尻まで処理するのは難しいため、気になる場合はサロンやクリニックを頼った方が良いでしょう。

  4. 触るとザラザラする手足の毛 一件きちんと剃っているように見えても、触ると剃り残しがザラザラする…というのも、毛深い女性が悩みがちなポイント。実際男性からも「触った時ザラザラだとテンションが下がる」なんて声がよく聞かれますが、剃りすぎても肌荒れの原因になる恐れがありますから、自己処理の場合は出来るだけ滑らかに仕上がるシェーバーを選ぶなどして、あまり無理はしないようにしましょう。

  5. へそ周り、乳輪の毛 おへそ周りや乳輪に生えている毛も、男性が衝撃を受けやすいポイント。この辺りに生える毛は産毛であることが多いですが、気になるのであればこまめにサッと処理しておきましょう。

それって逆効果かも!?自己処理にはNG行動もある

毛深い女性は「とりあえず自己処理を工夫してみよう」と、様々な方法を試してみることも多いと思います。しかし、中には逆にトラブルを起こしかねないものも!あなたの自己処理は大丈夫でしょうか?

自己処理のNG行動3選

  • 毛抜きで1本1本抜く
  • 除毛クリームを頻繁に使う(短いスパンでも週1回程度が望ましいとされている)
  • 根元まで剃ろうと、カミソリやシェーバーを肌に押しつける

これらの方法は、いずれも痛みが強くて肌トラブルを起こしかねなかったり、逆に太い毛が生えてきやすくなったりすると言われています。処理を行う時は必ず電動シェーバー、もしくは刃先が滑らかなカミソリを使い、シェービングクリームやジェルなどを塗ってから優しく除毛しましょう。

毛深いのが気になったら、無理せず「全身脱毛」に頼ろう

毛深い女性の悩みを解決する方法として、最も理想的なのはやはり「全身脱毛」。

サロンやクリニックならきちんとした知識やスキルのある方に任せることができますし、以前はメラニン色素に反応するタイプの脱毛機が主流だったため、日焼け肌や地黒の場合は効果を得にくいと言われていましたが、昨今ではそういった方でも問題なく施術できるところも増えています。

費用や時間的な負担も以前より少なくなっていると言われているため、コンプレックスのある方はまずお近くのサロンやクリニックに相談してみてくださいね。

Category

ムダ毛の自己処理は人生のロスタイム!?
実は…全身脱毛した方が楽

ムダ毛処理の頻度は個人差がありますが、平均すると1回10分程度・2~3日に1回という人が多いです。すると、1年で約20時間、仮に高校生から60歳までとすれば生涯900時間も毛を剃ることに!値段もバカにならず、カミソリだとしても1年に2~3回買い換えたら一生で約20万は使うことに…。

むむ…思い切って、全身脱毛した方が楽に生きられる気がするぞ!

マイペースに通い放題プラン!楽さで比較する
全身脱毛おすすめサロン3店

全身脱毛サロンをエリア別で探す