おすすめの脱毛サロンが見つかる!全身脱毛ズボラ白書 » 【コラム】全身脱毛初心者のズボラ女子が知りたい事 » 全身脱毛を受ける前日の注意点とは?意外と知らないやってはいけないこと
  • 大公開!大手脱毛サロンの価格の真相

全身脱毛を受ける前日の注意点とは?意外と知らないやってはいけないこと

更新日:

初めて全身脱毛を受ける時は、当日まで何かやっておくことはないかな……とドキドキですよね。実際、脱毛の前日にはやるべきこと、逆にやってはいけないことが存在するので、必ず押さえておきたいもの。

では、まず大切なのはどのようなことなのでしょうか?

前日は、極力身体を休めよう

前日の心構えとしては「出来る限り身体をゆっくり休める」ことが重要。全身脱毛はスタッフさんに身体を見られる、といった不安からなるべくスタイルを絞ろうと頑張ったり、逆に次の日はサロンで潰れるからと思いきり遊ぼうとしたりする方もいるかもしれません。

しかし、これはいずれもNGと考えてください。全身脱毛は思った以上に肌や身体に負担をかけるものとされており、事後は特にデリケートな状態になりがちです。その後のトラブルを引き起こさないためにも、リラックスして過ごしましょう。

こんなにある!全身脱毛前日のNG行動

また、全身脱毛の前日には決してやってはいけないこともあります。習慣的に行っている方や、メンテナンスついでに髪も染めておこう、などと思っている方は注意しましょう。

  1. 過度な飲酒 まず、アルコールは全身脱毛の前日には控えてください。なぜかといえば、血流が良くなりすぎた状態で脱毛を行うと、肌へダメージを与える危険性があるから。夜遅くまで飲むのはもちろん、翌日の予約が午前中の場合は、飲酒自体やめた方が良いでしょう。

  2. 日焼け 光脱毛やレーザー脱毛に使用されている脱毛機は、一般的にはメラニン色素に反応し、毛の成長に関わる毛乳頭にはたらきかけるという仕組みになっています。そのため、日焼けした肌には効果が薄くなる恐れが。前日だけでなく、直前になったら海や炎天下の下でのスポーツは控えましょう。地黒の方はカウンセリングの際にご相談ください。

  3. ヘアカラー ヘアカラー剤は、事前にパッチテストを行わなければならないことからも分かるように、肌にかなりの負担を与えると言われています。特に顔周辺の脱毛の際はアレルギー反応を起こす恐れもあるようなので、前日はやめましょう。

  4. 激しい運動 こちらもアルコールと同じく血流が良くなりすぎること、疲労が溜まってアレルギーや肌トラブルの原因になりかねないことなどが理由です。前日は無理のないストレッチやウォーキングなどに留め、筋トレや長時間のランニングなどは控えてくださいね。

  5. 献血や麻酔、予防接種 献血や採決などは身体が弱ることがあるため、全身脱毛の前日には控えましょう。同時に麻酔も体調不良の原因になる恐れがあるとされています。また、予防接種に関しては施術の10日前後はNG。病原体を身体に取り込むことで耐性をつけるという仕組みになっているため、その後全身脱毛を行うと様々なトラブルを起こしかねません。

やるべきことその① シェービング

では、逆に前日やっておくべきことは何か?というと、まずはシェービングが挙げられます。全身脱毛の場合は一気に全身の施術を行うこともありますから、自己処理はしっかりやっておきましょう。ポイントとしては以下の通りです。

お風呂あがりに、電動シェーバーを使って行う

入浴後は身体が温まり、毛穴がふっくらと開いている状態なので自己処理をしやすいと言われています。自己処理アイテムとしては電動シェーバーが最も剃りやすく、肌への負担も少ないとされているためおすすめ。防水タイプなら入浴中でも使用できるかもしれませんね。

カミソリの場合、クリームをしっかり塗る

電動シェーバーを用意しておらず、どうしてもカミソリしかないという場合には事前にシェービングクリームをしっかり塗って、肌を傷つけないよう丁寧に刃を動かしましょう。昨今ではどの方向に動かしても切れないタイプのカミソリも出ているので、そちらがおすすめです。

ただし、VIO(特に肛門付近)やワキなどはカミソリではなかなか綺麗に剃れない傾向がありますから、できれば電動シェーバーを購入しておくか、家族の協力を仰ぐのが良いかもしれません。

除毛クリームやワックスは使わない

自己処理を完璧に行うなら、除毛クリームやワックスの方が適切なのでは?と思う方もいるかもしれませんね。しかし、除毛クリームやワックスなどは肌への負担が大きいため、全身脱毛前日に使用するのはNGとされています。

また、メラニン色素に反応するタイプの脱毛機の場合、毛根に残っている黒い毛にはたらきかけるようになっていますから、根元から抜いてしまうと効果が得られない恐れも。

タイミングは施術前24時間以内

自己処理のタイミングとしては、施術前24時間以内が望ましいと言われています。なるべく早めに剃っておこうと思う気持ちも分かりますが、早すぎると再び毛が生えるリスクもあるので、前日の夜がおすすめです。

特にVIO脱毛の場合、剃り残しは無料でシェービングしてもらえることもある!

とはいえ、自己処理を全て完璧に行うのは難しいもの。一人暮らしの場合、VIOや背中の処理はどうすればいいの?と不安になる方も多いでしょう。

しかし、サロンやクリニックではそんな方のために、施術前に剃り残しのシェービングサービスを行っていることもあります。もちろんある程度の自己処理は必要ですが、どうしてもという部分はサポートしてもらえるのですね。

ただし、中にはサービス料として別途数千円かかることも。気になる方は、剃り残しシェービング無料と銘打っているサロンやクリニックを探しましょう。

やるべきことその② スキンケア

全身脱毛の前日は、入念なスキンケアを行っておくのも重要。脱毛による肌ストレスを出来る限り軽減できるよう、以下の事柄に気を付けてください。

顔はシートマスクや美容液、クリームなどを入念に

顔脱毛が含まれているコースであれば、化粧水はもちろんシートマスクや美容液、クリームなどでしっかり保湿しておきましょう。

シートマスクは使い切りタイプも販売されているので、せっかくならスペシャルケアとしてちょっとリッチなものを用意するのも良いかもしれません。

身体もボディクリームを塗る

入浴後には、身体全体にボディクリームを塗るのも大切。特に冬場は日常的なケアとして取り入れている方も多いのではないでしょうか。香りにこだわりのない方は、ニベアクリームやスチームクリームなども保湿効果が高く、お手軽なのでおすすめ。

ビタミンや亜鉛などのサプリメントもおすすめ

表面的なケアのみならず、ビタミンや亜鉛など美肌に効果的とされている成分のサプリメントを摂取するのもおすすめ。野菜や主食だけでこれらの成分を充分に摂るのは難しいため、無理に食べるよりサプリメントで補助しましょう。

  • 肌が乾燥した状態だと、トラブルを起こす恐れも……。 スキンケアで大事なのは「保湿」。光脱毛やレーザー脱毛は少なくとも肌に熱が伝わるので、乾燥した状態で全身脱毛を受けてしまうとトラブルを引き起こす恐れもあります。化粧水やクリームなどでしっかりと潤いを与え、翌日の施術に備えてくださいね。

Category

ムダ毛の自己処理は人生のロスタイム!?
実は…全身脱毛した方が楽

ムダ毛処理の頻度は個人差がありますが、平均すると1回10分程度・2~3日に1回という人が多いです。すると、1年で約20時間、仮に高校生から60歳までとすれば生涯900時間も毛を剃ることに!値段もバカにならず、カミソリだとしても1年に2~3回買い換えたら一生で約20万は使うことに…。

むむ…思い切って、全身脱毛した方が楽に生きられる気がするぞ!

マイペースに通い放題プラン!楽さで比較する
全身脱毛おすすめサロン3店

全身脱毛サロンをエリア別で探す