おすすめの脱毛サロンが見つかる!全身脱毛ズボラ白書 » 【コラム】全身脱毛初心者のズボラ女子が知りたい事 » 最悪病気の恐れもある!体毛が濃い女性の原因って?
  • 大公開!大手脱毛サロンの価格の真相

最悪病気の恐れもある!体毛が濃い女性の原因って?

更新日:

体毛が濃い、といえば一般的には男性のイメージですが、実は女性にも毛深いことを気にしている人は多いもの。元々毛が濃いとこまめに剃っても跡が綺麗に仕上がらない傾向があるため、コンプレックスに感じてしまいますよね。

しかし、他人にはなかなか言いにくいものですから、密かに薄着になるのを避けたり、様々な脱毛用品を試したりしているのです。とはいえ、そもそもなぜ体毛は濃くなってしまうのでしょうか?今回はその原因を探りつつ、改善方法についても見て行きましょう。

体毛が濃くなる原因は主に「ホルモンバランスの乱れ」にある

生まれつき体毛が濃い人もいますが、最近特に毛深くなった気がする、顔や指にまで毛が生えてきた…という場合、それは「ホルモンバランスの乱れ」が関係している可能性が高いと言えるでしょう。

それというのも、体毛の成長に大きな役割を果たしているのは男性ホルモンだから。男性ホルモンに含まれる「テストステロン」という成分は、しっかりとした骨格を作ったり、集中力を高めたりといった大事な要素を担っているのですが、一方で体毛の成長を促進させるはたらきもあると言われています。

女性ホルモンである「エストロゲン」が減少し、かわりにこのテストステロンの分泌が増えると、結果的に体毛が濃くなりやすくなるというわけですね。

男性ホルモンは、どのような原因で増える?

では、そのテストステロンは一体どのような原因で増えるものなのでしょうか?あなたの体毛が濃くなった原因を探ってみましょう。

その① 加齢

男女を問わず、人間は男性ホルモンと女性ホルモンの両方を備えています。しかし、たとえ女性であってもエストロゲンの分泌量が特に多い時期というのが決まっており、その期間を終えると男性ホルモンが優位になる恐れがあるのです。

エストロゲンの分泌量のピークは一般的に30代だと言われており、40代を過ぎると徐々に減少してくる傾向があるよう。規則正しい生活や適切なケアを心がけ、歳を重ねても心身ともに健康にありたいものですね。

その② 肉体的・精神的なストレス

男性ホルモンは「ストレス」によって増える傾向もあると言われています。ストレスには肉体的なものと精神的なものがありますが、そのどちらもホルモンバランスには大きな影響を与えるとされていますから、適度に解消しましょう。

まずは睡眠不足や過度な運動などをやめ、毎日可能な限り決まった時間に寝て、筋トレやウォーキングなど無理なく身体を動かすことを心がけます。人間関係や仕事に関して悩みがある方は、その気持ちを身近な人に話すだけでも大分違いますし、思い切って転職や苦手な人と距離を置くことを検討してみるのもひとつの方法ですよ。

その③ 不摂生な食生活

女性はチーズや乳製品が好き、というイメージが世間一般的にはあるようですが、実際エストロゲンの主成分はコレステロール(脂質)だと言われています。そのため、タンパク質や野菜中心の食生活にこだわりすぎて、脂肪を全くとらずにいると女性ホルモンに影響が出ることも。

タンパク質中心の食事も良いのですが、過度なダイエットは禁物。大豆製品やビタミン、鉄分などを適度に摂取しつつ、甘いものやチーズ、揚げ物なども避けすぎないようにしましょう。

その④ カミソリ負けや紫外線などの刺激

間違った自己処理で毛穴を傷つけてしまったり、紫外線を浴びすぎたり、衣服によって肌がこすれたり…といった外部からの刺激も、体毛を濃くする原因のひとつと言われています。特にカミソリ負けは肌荒れにも繋がりますから、適切なケアを行いたいものです。

体毛の濃さは「遺伝」にも関係している

このように、突然体毛が濃くなる原因としては主に不摂生やストレス、刺激などがあることが分かりました。しかし、そもそも生まれつき濃い、という場合は「遺伝」も考えられます。

両親から受け継ぐものといえば骨格や顔立ち、髪や目の色といったイメージですが、実は体毛の濃さも遺伝子によってある程度は決まると言われています。お父さんやお母さんだけでなく、更にその先祖から受け継いだ可能性もありますが、毛が気になり始めた年齢からずっと濃い、と思う方は遺伝を疑った方が良いでしょう。

身体の不調から来ることも!不安があれば皮膚科を受診しよう

遺伝ではなく、生活習慣に気を付けているのに男性並みに濃い毛が生えてくる、という場合には「多毛症」である恐れもあります。多毛症は本来薄くて細い毛が太く濃い毛に変わる症状で、体質が原因のこともありますが、副腎や卵巣などに異常が生じて起こるケースも。

外見的な特徴としては「唇やアゴ、胸、おへその下などに男性のような毛が生えている」こと。その他血液検査や染色体分析などを行った上で診断されます。

身体の内部に異常があれば別ですが、多毛症に関しては基本的に除毛療法や薬物療法で治療が行われるため、大がかりな手術は必要ありません。また、最終的には以下のような医療レーザー脱毛で症状の解消が図られることも多いですから、少しでも気になった方は皮膚科、および美容皮膚科を受診しましょう。

どのような原因でも効果が期待できる改善方法は「全身脱毛」

体毛が濃い女性には以上のような原因が考えられますが、生活をいくら改善しても毛の伸びが変わらない、依然としてコンプレックスのままという方は「全身脱毛」を選択するのもおすすめです。全身脱毛には大きく分けて以下の3種類の方法があり、それぞれにメリットと注意点が存在します。

  • 光(フラッシュ)脱毛 主にサロンで受けられる全身脱毛。剃り跡に特殊な光を当てることで毛の成長を抑制するもので、比較的手軽かつ安価に脱毛を完了できると評判です。ただし、永久脱毛は不可能とされている点、最長4年程度と完了までにかなり時間がかかる点などには注意が必要と言えるでしょう。

  • 医療レーザー脱毛 仕組みとしては光脱毛とほぼ同じなのですが、こちらは医療機関で専門家によって施術が行われるのが特徴。照射力が強いため比較的短期間、かつ少ない回数で永久脱毛も可能とされています。多毛症の場合、この方法で改善が図られることもあるようです。ただし、1回あたりの料金が高めな点、痛みが光脱毛に比べて強い傾向がある点などには注意。

  • ニードル脱毛 光脱毛が一般的になるまでは定番とされていた方法。毛穴の1本1本に針を刺し、電流を流すことで毛が生えてこないようにするものです。こちらも永久脱毛が可能と言われていますが、痛みがかなり強い点、費用が高額になりやすい点、1回あたりの施術時間が比較的長い点などに注意してくださいね。

全身脱毛はサロンやクリニックに定期的に通う必要がありますが、どのような原因で毛が濃い場合でもコンプレックスを解消できる可能性が高いですし、自己処理も不要になるのでカミソリ負けや肌荒れなどの心配もほぼなくなります。費用面の問題がなく、時間の都合がつきそうな方はぜひ考えてみてはいかがでしょうか?

Category

ムダ毛の自己処理は人生のロスタイム!?
実は…全身脱毛した方が楽

ムダ毛処理の頻度は個人差がありますが、平均すると1回10分程度・2~3日に1回という人が多いです。すると、1年で約20時間、仮に高校生から60歳までとすれば生涯900時間も毛を剃ることに!値段もバカにならず、カミソリだとしても1年に2~3回買い換えたら一生で約20万は使うことに…。

むむ…思い切って、全身脱毛した方が楽に生きられる気がするぞ!

マイペースに通い放題プラン!楽さで比較する
全身脱毛おすすめサロン3店

全身脱毛サロンをエリア別で探す